介護職の日常

高齢者入居施設に勤める介護支援専門員の仕事と家庭。

女子クラスで早弁

今週のお題「お弁当っていいよね」

 進学校だった高校は共学だが男子クラス、女子クラスに分かれていた。今では差別化が問題となりそうだが、その頃「女子は勉強に差し支える」と平然と言われていた。

 

 私がいた文系女子クラスでは早弁が習慣化していて、午前中4時間の授業のうち、3時間目が終わるとすぐに廊下側のカーテンを閉め、皆で弁当を食べた。4時間目が終わってから昼休みを長く過ごせる。1年生の時は、4時間目が終わるとすぐに外へ飛び出し、遊ぶ場所取りをしていた。学年が上がると、勉強の為、図書館の席取りを争奪した。

 

 3年生になってから、学校に迷い込んできた野良犬らしい犬に「犬貴(いぬき)」と名付け、皆で可愛がった。

 ある日、4時間目が教室移動だった為、皆急いで弁当を食べ、渡り廊下をダッシュして教室棟から本館へ移動した。そして4時間目が終わり、教室に戻った時、叫び声が響いた。

「キャーッ‼ 何これ‼ コラーッ‼ いーぬーきー‼」

 そう叫び、教室を飛び出していった子の机の上には、食べ散らかされた弁当箱。

 逃げ惑う犬貴と、鬼の形相で追いかける彼女の姿を、皆で教室の窓からこれまたキャーキャー言いながら眺めた。

 

 私達は真面目な受験生だった・・はず・・

 

「お題」を考えているうちにふと思い出し、パソコンの前で顔が緩んでいる自分がいる。お題って、いいよね。