「生きる」を考える

斎場にて人生の終焉を見送る元介護職兼介護支援専門員の日常

心が折れそう

失業者334万人。一般会計から173億円を労働保険特別会計に繰り入れ、「人材育成・就職支援基金」による訓練制度の事業規模を628億円とし、11年10月実施するという。
 前回の訓練を自費に換算すると授業料数十万円+生活支援金×3ヶ月で、自分ひとりでも相当額世話になっている。自覚の上で訓練を受けなければならない。
 「心が折れそう」とあったのは今日の朝刊で、放送局に対するネット書き込みへの放送局側の人間の苦悩だが、今の自分の心情をまさに表している。
 心中すれば自分は犯罪人。一人で実行すれば家族はどうなるのだろう。
 クリスマス?