「生きる」を考える

斎場にて人生の終焉を見送る元介護職兼介護支援専門員の日常

職場の人間関係は複雑 裏を知る者

 介護現場は体力的にきつい。

 そこへ精神的なダメージが加わると、一気に頑張っていた糸が切れる。

 仲が良かったはずの職員同士が、

 A体調不良になる→Bきつい入浴介助や移乗、誘導を買って出る。

 A甘える→Bそろそろきついんだけどと思いながらも、やってあげる。

 A動こうとしない→B自分ばっかりきつい思いをする。

 このA→Bが一方通行だから、上手くいかなくなる。

 A新人職員に冷たくする→新人職員が泣いて帰る。

 B新人職員の面倒をみる→新人職員がBに懐きAを避ける。

 

 Bは「Aが仕事をしない。自分ばかりきつい。トイレに行くと言ってフロアを離れてロッカーへ行き携帯を見てる。新人にひどい。一緒に仕事したくない」

 Aは「確かに私は新人にちょっと冷たくした。加害者だけど、被害者の方ばっかり庇われて、きゃっきゃ言いながら仕事してる新人見ると腹立つ。私は悪くない」

 課長が当事者別々に面談する事になった。

「それぞれの言い分を聞いて、落としどころを見つける」と言い、AとBに面談した。

 でもこの件には裏がある。Aが仕事にやる気を見せない理由だ。

 2年半前、Aはこの職場を希望して来た。職場のリーダーC♂と一緒に働きたいというのがその理由だった。

 すぐにこの2人の仲に気付いた職員がいた。

「こんな人達と一緒に働けません!」とその戦力だった職員が辞めた時はショックだったが、この時2人は自分達の間柄を否定した。

 でも実はその通りで、そのうち隠しもしなくなった。

 同じ現場に居て、私も含め職員は仕事しにくいと思うのだが、当人たちはお構いなしだった。

 それが最近は明らかに違う。同じ現場でも離れた場所で、目も合わせず必要最低限しか話をしない。2人に同じ申し送りをしようとすると、それぞれの所へ行って同じ事を伝えなければならない。違う意味で仕事しにくい。

 この職場に来る前のAを知る隣ユニットのリーダーは、

「こうなるのは分かってた」と言った。

 その時C♂が

「もう匙投げた。俺も被害者。2年半我慢した」

 と言ったのが、私は一番信じられなかった。

 人間不信に陥りそうだ。

 裏の話は職場ではしておらず課長も知らない。

 2人のプライベートがSNSで流れてくるのを見ても、スルーしていた。

 同じ職場で働くなら、適度な距離と節度が必要だと、再認識している。

「天然さんが現場に戻って来てくれたらいいのに」とC♂は言う。

・・・無理・・・